あの日ぼくらは、確かに栄光のその先にいたんだ。

だけど気がつくと、いつも振り出しに戻っているのだ。

これからまた、輝かしき栄光に向かって、一歩を踏み出していくわけだ。

ぼくたちにゴールはないのか。
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.